上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.07 学校のこと
私は以前、大連理工大学で中国語を勉強していた。
なんでこの学校にしたのか?というと
ただ単にだんなの職場が近かったから。
当時、西安路に住んでいたのだが
その後、住まいも理工大学近くに移した。

1年半、理工大学で勉強した。(まぁ休みが多いので実質は1年ちょいかな)
まずクラス別けのテストがあり、その後授業がはじまった。
1クラス、15人ぐらい。(最初は人数が多いがしばらくするとさぼる生徒がでてきて、多少減った。)

授業は
教程(文法)、
口語(しゃべる)
閲読(読む)
聴力(聞く)
作文(書く)
などがあった。(レベルによって科目は多少変わった。)

教程がいちばんキーとなる科目だが
この科目を教えてもらった先生は、皆、いい先生だった。
文法の教え方など、うまいと思った。

私の個人的感想では
まったく初心者の場合、最初の半年、1年はこういった大学の中国語を学ぶコースに入るのは
得るところが多いと思う。授業は当然、完全中国語のみ。
最初はまったく聞き取れない生徒が半年もすると授業中、先生が話す中国語はほとんど問題がなくなる。

私が理工大学で勉強していた当時、留学生はまじめな人が多く
授業が終わってからも教室に残って自主的に勉強している生徒がたくさんいた。
理工大学内には日本語を学ぶ学生がたくさんいて相互学習希望者がたくさんいる。
多くの日本人は2~3人の相互学習者と日替わりで勉強していた。

私は理工大学しか知らないけれど
他の大学で勉強した人に聞くと状況はほとんど同じ。
大学で勉強することのメリットはバランスよく勉強できるところ。

私の知り合いの日本人は理工の授業の後、語学学校に通い
口語やHSKの勉強していた。

大学の中国語習得コースは1クラスの人数が多少多いが
いろんな人と知り合えるし、くじけそうになったときに一緒に勉強している人がいると
支えになりつづけられたりする。


現在、
私は語学学校に通っている。
その理由は

1年半もいたので環境になれてしまった。
ちょっと違うところに行ってみたくなった。
しゃべるのが苦手なので、クラスの人数が少ないとこにしようと思った。

...........などである。

語学学校に通いはじめて4ヶ月ちょっと。
もうすぐ授業が終了。
家から遠い学校なので、もう少し近くの学校を探して通うかどうしようか考え中です。
(あえて、遠くにしたんだけど。そうしたら嫌でも外にでる機会が増えるから。私はほっておくと家にこもりがちな性格なんで...)

とつらつらと書きましたが
私は勉強してる時間が長いわりには進歩がおそいです。
まぁ人は人。自分のペースで勉強しようと思ってます。
最近思うのは、学校で得ることは多いけど、結局家でどれだけこつこつ勉強し
積極的に話をするかが重要。

私は本当にしゃべるのが苦手。
理工にいたときも後から入ってきた生徒が1年すると私よりも話すのうまくなってて
へこむこともしばしば。
そんな感じです。

みなさんはどんな風に勉強してますか?
どんな学校で?家庭教師?
どんな教材使って?
いろいろ聞いてみたいと思うのであった.....。

おしまい。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taikichitaikichi.blog14.fc2.com/tb.php/62-4a0343b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。