上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昆明、最終日1

昆明、最終日2

昆明、最終日3

この旅行も
もうおわりだ。
あっという間だった。

午後の飛行機なので
昼ご飯をもとめて外をぶらぶら。
本当にあったかい。

いやいや楽しかったねぇ
などとお茶を飲みつつ話す。
もう帰るのかぁ....と
ちょっとさみしい。

またちょこちょこ旅行したいものだ。
帰ったら洗濯しようっと。

スポンサーサイト
2009.01.30 雲南省7
大理→昆明1

大理→昆明2

大理→昆明3

大理→昆明4

大理→昆明5

午後には大理をでて
ふたたび昆明へ。
バスで移動。

夕方6時すぎに昆湖飯店へ。
昆明最後の夜なんで奮発して
2人で180元に部屋に泊まる。(シャワートイレつき)

部屋はひろいし
ベットもあったか。
いいねぇ。
シャワーもあつあつのお湯がでる。

夜は1日目に会った友達に再び会う。
一軒目は豪華な店。
ニ軒目は地元の串焼き屋へ。
この焼き串屋の梅酒がうまくて
ぐいぐい飲む。

日本にいたときから
ビールケースをひっくりかえしてイスにしたような店が
好きでよく行っていた。
ここもなんかそんな雰囲気でいい感じだ。

写真とったつもりが
酔っていたのか料理の写真だけ
それもボケてた。
あぁ。

まぁ
楽しく飲めて本当によかった。
明日は再び大連へ。

大理1

大理2

大理3

大理4

大理5

大理6

昆明→大理 バス移動(5時間ぐらい...たぶん)

もうバスの旅も手馴れたもんである。
(しかし、どう考えても無駄が多い動きだなぁ)

さて
29日午後に大理に到着。
タクシーに乗り古城に移動。

大理に来たのは2度目。
何年前だっけ?
5~6年かな。

いやいや
なんだかこじゃれたカフェが多くなったなぁ。
なんだか巨大チャイハネみたいだ。
チャイハネは好きなんだが
ちょっと複雑。

まぁなんだかんだで
布、小物を購入し
宿もみつけ
荷物を置き
いつものとおりにビール!

ご当地ビールを何種類か飲む。
その中の1本が大連风。
レモン味のビール。
最初は「ん?」と思ったが
なんかうまいです。

一番下の写真は
泊まった宿。
なかなかよいです。

2009.01.29 雲南省5
景洪→昆明1

景洪→昆明2

景洪→昆明3

景洪→昆明
バス移動(10時間予定)

そんなこんなんで
やっとこさ
夜行バスの発車時間。

乗り込む。

席は......
一番後ろ。
あぁネットで調べるとわかるが
多くの人が言っている
一番後ろの席は避けたほうがいいと。

でもでもチケットがここしかもう残ってなかったんだから仕方ない。
狭いところに5人。
ホントにせまい。
私でもせまいのに男の人はどうするんだ?って感じ。
私の右隣がだんな。左隣は見知らぬ女性。

これ両側が知らない人だったらかなり嫌だ。

もうすぐ発車というときに
何故か、一番はじにいた男性が下車。
ラッキー!!
ちょっと気が楽になった。

で、発車。
おお、意外といいねぇ。
といいながら知らぬまに寝てた。
人の声がして目がさめると2時間ほどたっていた。

ええと
バスが故障したそうです。
あぁ....そうなんだ.....。

暗い田舎道で2時間経過。
かわりのバスまだきません。
乗客がさわぎはじめたころ
やっとバスが。
乗り換えだ。

外にでると星がすごい!
すごい数だ。
こんなきれいな星は初めてかも。
いやーいいねぇ。
こんなんがみられるなら故障も悪くない。

そんでもって星を眺めつつ
トイレもすませ。
新しいバスに乗り込む。

そんで眠る。

気がつくと朝8時近い。
もう昆明に到着だ。

2009.01.28 雲南省4
景洪5

景洪6

景洪7

景洪8

景洪9

さてさて
また何故か景洪にいるのであった。
とりあえずホテルをとてくてく歩いて捜す。

すると
なんと部屋がないホテルが多い。
あってもホテル代が高い。
どうやら急に客が増えたようだ。
ふたりで300元って。
あの高いんですけど。
ほんの1日前にとまったときは100元の宿もあったのに.....。
だんなと相談。(前回いったタイ料理屋でビールを飲みつつ..相談?)
なんか300元払うのやだ...ということになり
ここは移動してしまおうということに。

そこでチケット売り場へ。

飛行機で、麗江、大理などの案もでたが
飛行機チケットとれず。
悩んだ末、夜行バスで移動することに。
このバスチケットもないところが多く
とりあえず昆明まで夜行バスで行くことになる。

夜8時発で朝6時着。
時刻は夕方5時。
まだ時間がある。

ってことで
またまた、ビールをもとめてふらふら。

とりあえず
美美カフェというとこで
ビールとスパゲッティ。
だんなになんでここでスパゲッティなんだといわれたが
食べたかったから仕方ない。
うだうだと時間をつぶす。
まだ時間があったので
またまたタイ料理屋へ行き
今度はジュースを注文、うだうだ。

ホント何をやってんだか。
2009.01.27 雲南省3
勐腊1

勐腊2

勐腊3

勐腊4

さて本日は
景洪→勐腊

バスにて移動。(4~5時間。だったかな?よく覚えてない....)

できることなら老挝(ラオス)まで!
ということで、とりあえず勐腊まで行くことに。

私がバスに酔いやすいもんで
薬を飲んだら
ほとんど寝てた。

それでも、たまに外の景色を楽しむ。
いい感じな田舎だ。

途中、休憩が入る。
5分休憩っていったのに30分も休憩。
おおざっぱ。

再出発し
ほどなく目的地の勐腊。
いやいや、店閉まってるねぇ。
とりあえずホテルを捜す。
適当に選び、荷物を置く。(ホテル代、2人で40元。風呂トイレ付)
その後、街を探索。
店閉まってる........。
あぁ。

とりあえず、またまたビールをもとめ
開いている店へ。
「冷たいビール!」というと
「ないよ!」
という悲しい返答。
しかたないので
常温のビールをぐびぐび。

「いやいや、これはこれでうまいねぇ」
などといいつつビールを飲んだ。
しこたま飲み、食べ
ホテルにもどり爆睡。

朝、シャワーをあび
バス停へ。

老挝(ラオス)に行こうかと思ったが
バスがもう行ってしまってたり(前の日調べたのにねてた....)
時間が足りないんじゃないんかということで
泣く泣く(?)景洪へもどることに。
(思い切って行って、ラオスでビールを飲み速攻帰ってくる案もあがったが
 やっぱり時間が短いということで断念。)

何しにきたんだ?
(ビール飲みに....)

ということで
まぁ適当にぶらぶらして
またまたバスに乗って景洪へとむかう2人であった。

ぐだぐだの旅である。

ここでの思い出は
ホテルのお湯が豊富で熱い!!
ってこと。
あつあつのお湯を使ってのシャワー。
これが勐腊の一番の思い出。
だんなは、このシャワー気に入ったから
ここにもっといる!と言ってた。

2009.01.26 雲南省2
景洪1

景洪2

景洪3

景洪4

本日は
昆明→景洪

バスで移動。(9時間)
途中休憩でバスを降りると
だんだん暖かくなっているのがわかる。

景洪に到着。
あったかい。
というか、あつい!

重いリュックをかつぎつつ
うろうろして適当なホテルに入る。
荷物をおき、セーターから半そでTシャツに衣替え。
いやいやいい感じだ。
これは間違いなくビールがうまいぞ。

だんなと「冷たいビール、冷たいビール!」と呪文のように唱えながら
店をさがす。
春節のため閉まっている店が多い。
もうどこでもいいからビールを!
ということで開いていた一軒の店へ。
タイ料理の店。

そこでさっそくご当地ビール。
澜沧江ビールを注文。
澜沧江とはメコン河。

「いやいやメコンだねぇ。」などと
わけのわからんことを言いつつ
冷たいビールと辛いタイ料理を楽しんだ。
2009.01.26 雲南省1
雲南、寺1

雲南、寺2

春節は雲南省へ。

ルートは
大連→昆明→景洪→勐腊→景洪→昆明→大理→昆明
(ノープランだったのでムダの多い動き)

大連から昆明までは飛行機。
あとの移動はバス。

まずは
昆明の友達の家でいろいろとごちそうになり。
新年になると近所の寺へ。
なかなかいい雰囲気。
お経がここちいい。

かなり遅くなったので友達と別れ
ホテル(昆湖饭店)へもどる。
このホテル、だんなが遠い昔利用したことがある。
すっかりきれいに改装されトイレもシャワーもきれい。

明日は9時間かけて景洪へ移動。


2009.01.23 競争
ねこ1

「ねぇねぇ、きょうは何にゃんだった?」

これは最近よく我家でだんなと交わされる会話である。
なんのことはない
「きょう何匹猫みた?」って意味。

ちなみに昨日のだんなは
よんにゃん。

私は
いちにゃん。

負けた....。
くそっ。

きょうは今のところ私は「いちにゃん」
だんなはどうだろう?

しかし
こんなに寒い日に外の猫たちはなにしてんだろう。
大丈夫かなぁ。

2009.01.19 東京美食街
東京美食街2

東京美食街3

東京美食街1

日曜日、だんなと手に手をとって(?)
東京美食街とやらに行ってみた。(新玛特青泥店5F)
きょう入ったのは「Pier Jolly」というイタリアレストラン。
まぁ普通の洋食屋。

ドリアだのスパゲッティだのもりもり食べる。
値段はよく覚えてないんだけどサラダつきで
一品、25元から30元だったかな。
それと一缶8元のビールを飲んだ。(へへ...また昼から飲んどります。)

味は普通。
でも、たまにはこういうのを食べるのもいいかと。

しかし、
人が多かった。
街中は人が多いねぇ。疲れた。かなり疲れた。
黒石礁あたりまでもどったときにほっとした。

私の家は海事大学、理工大学、東北財経大学とかの近く。
私はやっぱりこの辺のほうが好きだなぁ....と
改めて思ったのだった。


2009.01.18 火鍋
野力肥牛


野力肥牛2

昨日の昼は
「野力肥牛」で火鍋。
(友好店:大連市友好広場友好路117号  Tel: 82823355)

うまい。
うまい。

我家はいつも羊肉。
2人で行ってビール3本飲んで122元。(本日は海鮮頼んでないんで安い。)
前回、ここに来たときにもらった割引券を使って102元に。
(合計金額により割引券をもらえるようだ。 10元とか20元とか。実はよくわかってない。)

土曜日の昼過ぎからビールを飲み
ちどり足で家に帰ったのだった。

ホント、この店おすすめです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
2009.01.16 定食屋
定食屋1

夕飯を求めて定食屋に行く。
場所は大連理工大学北門近く。

日本食にしては安くておいしいよ。
夜10時までなんだけど(ラストオーダは9時30分)
もっと遅くまでやってくれたらなぁ。
(ちびちび飲みたい。)
2009.01.14 餃子
餃子

近所の餃子屋にて。(添福来餃子)
うまい。
2009.01.14 木登り
ねこ1

ねこ...

木に登ってます。
けっこう高いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。